上手な話し方で相手と会話のキャッチボール

話し方教室で自信を手に入れる

人と話をする時、何気ない会話であっても緊張のあまり上手く話せない経験をしたことはありませんか?私の場合、親しい人と世間話をする時はリラックスしてテンポ良く会話を楽しめるのですが、たまにしか話さない人や自分より立場が上の人、初対面の人と話をする時は何故か緊張してしまい、自分が何を話しているのか、何を話そうとしているのかが全くわからなくなり、頭の中が真っ白で、目を合わせることすらままならなくなる時があります。きっと相手はそんな私に不愉快な思いをしているのではなかろうかと、いつも不安な気持ちになってしまいます。
会話というのはお互いが話したり聞いたりすることですので、そのバランスを上手く保たなければいけません。適度な部分で相槌をうったり質問をしたり、自分の話を混ぜたりしながら上手に会話のキャッチボールを楽しむことが重要なのです。
もしもそれらが上手く出来ないというのならば、話し方教室に通ってみると良いかも知れません。会話するコツを学び、緊張せずに堂々と楽しんで話せる力を身につけることにより自信を手に入れ、明るい毎日を過ごすことができるようになるでしょう。相手に自分との会話を楽しんで貰えるようになれば大したものです。きっと仕事やプライベートに大いに役立つコミュニケーション力を身につけられることでしょう。

嫌われる話し方を辞めて好かれる話し方に

みなさんは嫌われる話し方をご存知でしょうか。嫌われる話し方をしてしまっていると、どんなに性格の良い人でも人が集まってこなくなってしまいます。会話や会話の冒頭に「いや」「でも」が付いてしまっていませんか。意外とこの口癖の方は多いのですが、自分の意見を全て否定されているような気分になり相手は不愉快な気分になってしまいます。そして相手の話を聞くことなく自分の話ばかりしていませんか。
自分の話ばかりでは相手との距離は一向に縮まりません。他には冗談が通じない人です。相手の冗談が過ぎてしまっている場合であればその話に乗っかる必要はありませんが、盛り上がっている時に相手の冗談に対して真顔で「なにそれ」などいう話し方はよくありません。こんな話し方をしてしまうと「とっつきにくい人だな…」と相手から思われてしまいます。好かれる話し方になるためには、会話や会話の冒頭に「でも」や「いや」を言わないことです。
そして、相手の話は聞かずに自分の話ばかりをするのではなく自分の話をした後に「○○さんは?」などと相手に話を振ってあげると相手もその会話について話しやすくなるだけではなく、会話の幅が自然と広がっていきます。冗談が嫌いな人も居ると思いますが、「ん?」と思うほどつまらない冗談だったとしても笑顔で返したり、その会話を盛り上げるような返事をすると「ノリが良くて話してて楽しい」と思われ、好かれる話し方へと変わります。

人前のコミュニケーション・スピーチ・プレゼンテーションであがってしまう方のために改善できる話し方教室です 東京話し方教室は、2003年創業の東京でも随一の受講者数を集めた人気教室です。新しい自分と出会えます。人前で話することが楽しくなり、自分をだせるようになります。 関東圏は東京と千葉にクラスがあり、首都圏に構えているため気軽に通いやすいです。 話し方は東京話し方教室で学ぶ

CALENDAR

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

MENU

WHAT'S NEW

話し方教室の需要性

心理面だけじゃない話し方教室の需要 みなさん、ご自身の話し方に悩まれたことはありませんか?話し方はコミュニ…

MORE

話し方教室で上手な話し方をマスター

話し方で悩みがある方は話し方教室へ 自分の話し方で悩みがある方は、話し方教室で自分を変えてみませんか。話し…

MORE

子供のためにも話し方を常に意識する

ママ友を作るために変えたこと 今年、長男が幼稚園に入園しました。そこでは、送り迎えの他にもPTAや保護者参…

MORE

年齢や人種を超えて話し方の違いを見つけよう

外国人との話し方 外国人と、一対一で話したことがある方はわかりますよね。何だかすごく圧迫感があり、自分が話…

MORE